卒団生から
貢川サッカーで学んだこと

山梨大学一年 竹内孝二
私は先日、甲府東高校を卒業しこれから行く山梨大学に向けて準備に励む毎日を過ごしています。
去年行われた高校サッカー選手権大会では、見事東高校創部初の全国大会出場を果たしたのですが初戦敗退と非常に悔いの残る結果に終わってしまいました。
 私は貢川小学校を卒業後、富中でサッカーを続けそこで冬木君、阿久津君、宮川君はやらなかったんですが竜君が戻ってきてくれて一緒にサッカーをしました。結果こそ出せませんでしたが三年間は楽しく勝負の厳しさや勝つ事の難しさ等を学べたと思います。私のサッカー人生の転機は高校選択だと思います。東高に行っていなかったら国立のピッチでサッカーもすることもなかったし、最高のメンバーとも出会うこともありませんでした。東高での三年間は、毎日の練習が厳しく、ポジション争いも激しくベンチになることもしょっちゅうありました。それでも最後に県大会優勝、全国出場と僕がすごした東高での三年間は無駄ではなかったと実感できます。
 先日、輿石監督からこの文章を書くことを頼まれ、ふと小学校時代の事を思い出してみると、私が貢川サッカー少年団に入団し、サッカーを始めてから、ちょうど一〇年たっている事にきづき、月日がたつのは、ほんと早いなと私自身驚きました。私がサッカーを始めたきっかけは、同学年の冬木一哉君の方が先に貢川サッカー少年団に入団していて、その冬木君に誘われて入ったのが始まりでした。
 スポ小での四年間は今思えば楽しい思いでばかりですが、入団当初は人見知りが激しく他人とコミュニケーションをとるのが下手だったので、年上のひとにいじめられる事も少なからずもあったので行きたくなくなるようなときもありました。
 練習中もほとんど声は出せずパスもなかなかもらえませんでした。しかしどんなに嫌な事があっても心の底からサッカーが好きだったので練習を休む事はありませんでした。その気持ちのお陰か自分のサッカーの技術が上がるごとに自分に自信が持てるようになり練習中にも声が出せるようになり上級生の試合にも出させてもらえるようになりました。
 もっとうまくなりたいと向上心がどんどん沸いてきて、練習がない日でも家の前でボールを蹴ったり同学年の冬木君と一緒にパス交換やシュートの練習などをしていました。その時期あたりから人ともうまくコミュニケーションがとれるようになり、人見知りも前より少しおさまってきました。このことはサッカーだけでなく人生においても貴重な経験でした。
 ですから今は本当に心からスポ小で指導してくださった監督やコーチの方々に感謝しています。
 最後にこの場を借りていままで指導してくださった方々、全国大会のとき国立まで応援してくださったみなさん本当にありがとうございました。今後も感謝の気持ちを忘れずに精進していきたいと思います。

基本を大切に
コートから

コーチ  仲山 成昌
貢川サッカースポーツ少年団の指導者を平成十七年四月より行うことになり、一年が過ぎました。
この一年間、指導者として子供達といっしょにサッカーを通じて、いろいろなことを発見することができました。
まず最初の発見は、当たり前のことですが、サッカーが好きな子供達が多いことです。
練習の開始時間の一時間ぐらい前から子供達で、ルールを決めてサッカーをしながら、監督・コーチを待っているのです。本当に、サッカーが好きなんだなあと思いました。
二つ目の発見は、上達することが、早いことです。最初は、うまくできない子供達が多いんですが、次の練習の時には、できる子供達が増えているのです。本当に、吸収力が早いんだなあと思いました。(影で、練習しているのかな。)
三つ目の発見は、監督・コーチにあいさつをする子供達が少ないことです。これには、少し驚きました。こちらから声をかけるとできるのですが、恥ずかしいのかなあと思いました。
 私がサッカーを始めたのは、小学校五年からですが、本格的に取り組んだのは高校一年からで、この時の恩師より教えていただいたことは、「基本を大切に」です。今でも、悩んだり・困った時には、この言葉を思い出して頑張っております。
 今後も、「基本を大切に」の言葉を忘れずに、サッカーであれば、「蹴る」・「止める」、人に会ったときは、「あいさつ」をすること、一番はとにかく、「好き」・「楽しい」を大切にし、子供達を指導していきたいと思います。

息子との五年間
後援会から

仲山とも江
二年生になった時「スポ少のサッカーに入りたい」と言われた時から、一年間寒い日も暑い日も自転車の後に乗せて送り迎えをした。 それが息子と私が歩んだ五年間の始まりでした。私自身、息子が六年生まで出来るか心配でしたがそんな心配は無用でした。
週三回の練習を楽しみ、休みの日は一人でリフティングの練習をしたり、スパイクを磨いたりしていました。「どうしてそんなに頑張るの」と聞くと、「自分の道具は大切にしなさいってお父さんに言われたし、僕サッカーが上手になりたいから」と涼しい顔をして息子が言ったことを覚えています。
四年生の途中からAチームに参加、上級生と一緒で緊張して試合中に泣いたこと、五年生でトレセンにも行くようになって、初めての遠征にもれ、悔し涙をこぼした時、それでも息子は、サッカーが好きだからと黙々と上を目指して練習に励んでいました。
六年生になってキャプテンに選ばれてからは、みんなを引張っていかなきゃという気持ちでやっていたと思うのですが、その気持ちが空回りする時期があり一人で悩んでいたこともありました。でも、春季大会の日キーパー練習中に脇腹を痛め泣きながら苦痛を耐えていた息子に「大丈夫?」と声をかけると、「うん!僕しかやる人いないでしょ?大丈夫だから」と言い残しフィールドへ出て行きました。PK戦で最後のボールを止め勝った瞬間、みんなと抱き合い喜んでいるのを見て私は涙がこぼれ、心の中で「悩んでも頑張ってよかったね」と叫んでいました。
五年間いろいろなことがあり私も息子も少しだけですが成長したと?思います。この先、息子が貢川スポーツ少年団に入ってよかった、サッカーをやってよかったと思う日が来てくれれば私も五年間頑張った甲斐があります。
息子以上に私がハッスルしすぎた時もありました。朝早く起き息子と一緒に試合会場へ行き、応援し子供達の世話をし、子供達と一緒に泣いたり笑ったりかけがえのない時間を共有できただけでも幸せでした。 ありがとう !
平成十八年二月十九日、全試合を終えた時私と息子が歩んだ五年間は終わりました。
これからもサッカー人生は続くと思いますが、いつまでも私はあなたのサポーターでいたいと思います。監督、コーチの方々には忙しい中、熱心に御指導ありがとうございました。

スポ少の思い出

キャプテン 仲 山   輝
僕は、二年生からサッカーを始めて、六年生までの五年間サッカーをしました。
僕は、サッカーを始めた理由は、お父さんがテレビでサッカーの試合を見ていたので、一緒に見た時、選手のプレーを見て「すごいなー、僕もあんなプレーしたいな。」と、思ったので始めました。
二年生になって、スポ少に入った時、最初は、緊張したけど、練習をしていったら、だんだん緊張がほぐれて、気づいた時には、もう練習になれて、リフティングなどがだんだんできるようになってきました。
次に、一番思い出に残っていることは、三年生の時に優勝した石和スコレーカップです。スコレーカップは、四年生大会で人数が足りなかったので試合に出られました。試合をどんどん勝ち進んで決勝を戦って見事優勝しました。その時はとてもうれしくて、みんなで喜び合いました。
次に、トレーニングセンター(トレセン)の思い出を書きます。トレセンは、初めて行った時は、緊張して、自分のプレーがうまくできなかったけど、だんだんなれて、友達もできて、自分のプレーもしっかりできるようになってきました。トレセンでは、Bチームとして頑張ってきました。トレセンでも、試合は五回以上ありました。練習は、難しいと思っていたけれど、基礎から練習したので安心しました。でも、だんだん難しくなっていったけど、平気でした。
スポ少では、一年に一回の合宿があります。場所は、愛宕山少年自然の家で、一日目の夜に「きもだめし」があります。怖がる人もいました。四年間合宿に行きましたが楽しかったです。
サッカーをしていて試合に勝てばうれしいし、負ければ悔しかったけど、サッカーをやっていたから友達がどんどん増えていきました。中学になってもサッカーをするのでもっと友達を増やしていきたいです。
ぼくたちが楽しくサッカーができたのは、監督・コーチが熱心にサッカーのことを教えてくれたからだと思います。貢川サッカースポーツ少年団でサッカーをしてよかったと思います。
そして、僕の夢は、日本代表です。なので、いっぱい練習して、最初にJリーガーになって、それから日本代表になりたいです。

団員の声
今年の目標

六年 山中詩織
 私が一番がんばりたいことは、キック力をつけることです。ぜんぜんキック力がないので、キック力をつけたいです。
 次にがんばりたいのがリフティングです。リフティングがあんまりできないので、六年が終わるまでには、100回が楽にできるようになりたいです。
 その次にがんばりたいのが、一対一です。一対一が弱いので、強くなれるようにがんばりたいです。
 これからもサッカーを続けて卒業するまでには、この三つの目標が達成できたらいいなあと思います。サッカーをなるべく休まず行きたいと思います。

今年の目標

五年 福島大志朗
ぼくの今年の目標は、
  • 一つ目は十二月の最後の試合まであきらめないでがんばることです。
  • 二つ目は今年トータルで百点とることです。
  • 三つ目はもう少しチームでコンビネーションをとることです。
  • 四つ目はもう少しパフォーマンスを使ってドリブルをすることです。
    たとえばシザースとかマシューズとかキックフェイントをどんどん使いたいです。
 理想は、ブラジルのトップのアドリアーノとロビーニョです。
 どうしてこの目標にしたのかその理由は、うまくなりたいからと有名になりたいからです。ぼくは今年もいっしょうけんめいサッカーをがんばってうまくなりたいと思います。今年もいっぱいアピールしたいです。
 去年ぼくを成長させてくれてありがとうございました。コーチの方々にはとても感謝しています。
 これからもよろしくお願いします。

今年の目標

四年 田中もも子
 私が今年がんばりたいことはたくさんあります。その中で一番がんばりたいことが、相手からボールを取り味方にうまくパスをすることです。私は、去年の五月にサッカー部に入りました。入った時よりもうまくなったもののまだまだなので。この事をがんばりたいと思いました。
 そして二番目にがんばりたいことは、ドリブルです。私は、サッカーの中でとても必要な事だと思います。なぜかというと、パスだけでは相手にとられてしまうので、そのなかにドリブルも加えてやればうまくいくと思うからです。だから私はドリブルをがんばって、ゴールへみちびきたいと思います。
私はこの二つの事を目標にし、今年はがんばりたいと思います。また、楽しくサッカーをしたいと思います。

サッカーでじょうずになりたいこと

二年 いしみず けい
 ぼくはサッカーでじょうずになりたいことは、ヘディングをじょうずになってつづけてできるようになりたいです。
 あと自分だけでドリブルをしていってゴールにいれたいです。
 あとリフティングをりょうあしでつづけてできるようになりたいです。
 あいてにパスをしないでじぶんのチームにパスできるようになりたいです。