肝日記

ペグリバ28回

peginf.jpg

相野田クリニックにて、28回目のペグイントロンを打ってきました。
5時ちょっと前に行くと比較的空いていて、待ち時間をあまり気にしなくていいです。

採血の時、いつもの看護婦だったのだが、ちょっとヤナ感じがしたが・・注射針を刺した後、グリグリっとやられ痛かったです。(モォー) 血管が逃げたので追いかけたそうです。 運動会のようだ・・・ [sad]

妻いわく「女性に追いかけられるのはうれしいけど、注射針は痛いね・・・」だって、それは俺の言うことだーーー [smile]

そんな訳で、今回のペグイントロンは無事終了した。前回の採血の結果はかなり良い数値を示している。血小板も良いし、これなら貧血もないし、頻脈も改善しているのもうなずける。
ペグイントロンを120→100にしただけで、こんなに変わるとは!、このクスリ結構強い薬なんだなぁと改めて驚いた。

節分

mamemaki.jpg

季節を分けると書いて節分と言うらしい、我々印刷会社では、節分以降の季語の挨拶は春を意識して「向春」とか「梅花の候」「早春」とか、三月になると「春暖」「陽春」とか、その辺を好んで使うようになる。

さて、節分というと豆まきだが、大豆をよく煎ったものを「鬼は外」「福は内」といって蒔くのだが、後で、拾い歩くのが大変だ、拾い忘れた豆が足にささったりする。

WikiPedia で節分について調べたら面白い、「鬼は内」と言う所もあるらしい・・・
煎った大豆でなく落花生を撒く家庭も最近は増えてきたようだ・・・

まぁ、私としては、切りざんしょとイワシを食べ、豆も年の数(そんなに食べれん・・)だけ食べて、今年の節分は早々に終了にしたい。もちろん豆などは蒔かないざんしょ。

身体の中にいる鬼(C肝ウイルス)を早く追い出して、福が来るように祈りたい。

本日の副作用

今朝はしっかりリバを忘れないで飲んだ
副作用:別に感じられない

コメントでもどうぞ

  • 身体の中にいる鬼(C肝ウイルス)を早く追い出して、福が来るように祈りたい。その気持が治療中には良いことだと思います。今日は組合で委員会があります。その帰りに待ち合わせをして節分に行ってこようと思っています。風が吹かない様に祈りながら歩いて、樋口さんの治療が良い方に向うよう二人でお願いをして来ます。 -- 節分について 2006-02-03 (金) 16:42:48
  • ありがとうございます。鬼によろしくお伝え下さい。 [smile] -- トド 2006-02-03 (金) 16:55:17

添付ファイル: filepeginf.jpg 2217件 [詳細] filemamemaki.jpg 3211件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-02-03 (金) 18:52:51 (5410d)