肝日記

34回目のペグイントロン

今日は主治医の診察日だ。
いつものように血液検査とイントロンの注射だ。

また、副作用の強い日が数日続くが、ウィルス撃退のため私の身体が頑張ってくれる事だろう。

採血の結果では

  • 数値が記入してないのは、安定期のため毎週検査をしないためである。
  • 3月17日のRNA定性の結果は陰性であった。
    16週連続に陰性が続いているので、かなり安堵している
  • 採血の結果では白血球数、好中球数、血小板など安定している。
    またALT,AST等の肝機能数値はジワジワと下がりつつある(良い結果だ)
  • それに反してZTTの数値が上昇している、ZTTは肝硬変の数値らしいが・・・
    でもまぁこの位ならまだまだ(18->16.4->19.3->19.5->23.0)平気な数値かな?

本日の副作用

  • 何故か昨日頃からイライラする。まぁ、怠い身体を動かしながら、まともに、根を詰めた事が出来ずにいるからだろう。
  • 発疹が目立って増えてきた、陽気が良くなり汗をかくようになったからだろうか?

コメントでもどうぞ



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-17 (金) 18:59:59 (5334d)