肝日記

甘草屋敷

峡東へ行ったついでに、甘草屋敷の吊し雛を見てきました。
甲州市塩山、塩山駅北口にある甘草屋敷(旧高野家)の吊し雛とひな壇飾りです。

吊し雛.jpgyasiki.jpg

屋敷の周りには、まだ芽を出していませんでしたが、薬草で使用する甘草が庭いっぱいに植えられ、築300年の屋敷は素晴らしい風格がありました。
甘草屋敷は、重要文化財に昭和28年頃指定され、10数年前前に高野家から塩山市が譲り受けたものだそうです。

詳しくはネットなどで検索してみてください。甲州市 商工観光課などで検索をおすすめします。

見舞い

友人の奥さんの見舞いへ行ってきましたが、まぁ、よくしゃべりまくり、機関銃トークでした。
それだけ、退屈で、人恋しくて、おしゃべりをしたかったのだろうと思いました。

病気のこと、夫の事、子供や孫のこと、友人のこと、仕事のことなどなど、日頃の憂さを吹き飛ばす勢いで2時間ほど、話し相手をしました。(私の妻がしました、私は椅子に腰掛けウトウト・・・・)

早く元気になって復帰して欲しいものです。

気持ち

「気は病から」とは良く言い表した言葉だとおもいます。つらい治療でややもすると気持ちが折れてしまい、 「早く楽になりたい・・・」とか「もうダメかな・・・」とか思うとそうなってしまいますね
しかし、「病気なんかに負けない・・・」という強い意志があれば、自然と病気も好転していくようです。
担当医師に、「もう大丈夫ですよ」などと言われた瞬間から、今までの病気は吹っ飛んでしまいます。

その言葉を言ってくれるのが名医なのだろうなぁ・・・

本日の副作用

  • 微熱 夜9時頃37.5度 ロキソニンを服用、早めに就寝・・・。

コメントください

 


添付ファイル: fileyasiki.jpg 1782件 [詳細] file吊し雛.jpg 1749件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-27 (月) 22:02:39 (5325d)