肝日記

さくら

sakura.jpg

北杜市真原(さねはら)の桜見物に行ってきました。
真原は、開拓時に桜の木を植え、開拓のシンボルとしたようで、樹齢50〜60年の成木のさくらが、満開となっていました。
一本の木が細かい花びらを付ける量は真原の木は特別多いと感じる、すごい迫力でした。

近くに見える、南アルプス、北岳の勇壮な姿と相まって、桜が一層引き立ってみえました。

近くには、樹齢2000年とも言われている桜、神代のさくらがあり、異様な幹に花を咲かせています。

また、近くのフレンドパークでは、沢山の幼木が植樹されており、あと10年もすると、この辺は日本一の桜の名所となるでしょう。

本日の副作用

コメント

  • ツバメが卵を抱いています。約2週間でかえります。 -- ツバメ 2006-04-20 (木) 23:16:25

添付ファイル: filesakura.jpg 1491件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-20 (木) 23:16:25 (5308d)