肝日記

カロリー制限と肥満解消の重要性

シェリングブラウ社のHPに肥満解消の重要性が掲載されています < http://www.c-kan.net/professionals/lecture/0606_02/002.html >

今、ダイエット中の私にとっては、非常に関心のある事項なので参考までに掲載してみました。

さて、ペグイントロン+リバの場合、体重で薬の量が決定しますがそれに伴って治療費(薬代)も安くなります、更に、このサイトを見る限りC型肝炎から慢性肝炎、肝硬変への移行なども肥満度と関係があるようです。
なにはともあれ、ダイエットが良いようですね。
副作用で食欲が落ちてきても、私みたいな肥満体型は、減量のチャンスです(^_^)b

ちなみに、昨年の7月、治療開始時は、自分でもビックリ87kgありまして、120μ+5錠、副作用もかなりありまして、注射代だけでも15000円相当でした。
しかし、副作用に伴う減量で、12月20日ころより100μ+4錠にしたところ、採血の結果も相当良くなり、また治療費も安くなりました。

現在は48週も終了し、追加分です、76kg、100μ+3錠ですので、比較的副作用も少なく楽に成ってきています。

鉢植えの、ふうせんかずら

DSCF4473.jpg

鉢植えの、ふうせんかずらに可憐な白い花が咲きました。

http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch2/huusen.htm


コメント




添付ファイル: fileDSCF4473.jpg 2031件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-03 (月) 19:16:36 (5260d)