このページは、Perlに関する記事のページです。 MacOSXでPerlを動かしたい方のほんの第一歩、初歩の初歩を記述しました。

perl簡単ツールに超簡単ツール集を掲載しておきました。



はじめに

Perl(パール)は文字列操作を最も得意としたスクリプトで、いろいろなマシン上で活躍しています。
サーバー上のCGIスクリプトなどはほとんどこのPerlで作られています
マシンの環境はMACOSXを使用し、CUI上(ターミナル)からの起動でスクリプトを動かす手法で話を進めてゆくつもりです

MAC OSXの設定

  1. まずコマンドキー+シフト+Uを押してユーティリティホルダーを出します
  2. その中にターミナルがあるか調べて下さい
  3. そのターミナルをDOCへドラッグしていつでも使える状態にして下さい
  4. ターミナルをクリックして起動します
  5. ターミナルウインドウにwhich perl と打ち込んでReturnします
    /Users/yuzo 1%:which perl
    /usr/bin/perl
    するとPerlの在りかを教えてくれます。(ここまで)

もしターミナルがない、which perlと打ち込んでもCommand not found.などのメッセージが出る場合は、OSXDeveloperToolキットをインストールしなければなりません。

OSXのインストールCDからDeveloperCD(Panserなら白いCD)を捜してインストールしてみて下さい。

エディターの取得

Jeditをダウンロードして下さい。 もちろんOSX用のものです。20日位は試用期間が認められています。 大変使い勝手が良いソフトなので、購入をお勧めします。

世界へ飛び立ちますハローワールド

ターミナルの設定

  1. ターミナルを起動した画面で、コマンド+Iキーを押して、ディスプレイ画面を開きます。そして一番下の文字セットエンコーディングをShiftJISにしてあげます
  2. 本来なら、ここでEmacsと打ち込んで専用のエディターを使うところですが、半分GUI環境で行う方が分かりやすいので、専用のエディターJedit:を使うことですすめていきます。
  3. Jeditを開いて新規文章に
    #!/usr/bin/perl
    print "ハローワールド¥n";
    と入力します。 「ハローワールド以外は全て半角英数です」そして保存しますが、保存の時には、漢字コードはシフトJIS、改行コードはLFに必ずします。 保存ファイル名はhello.plとし、拡張子としてplを付けることになっています
  4. ではターミナルから、次のコマンドを入れます
    cd desktop
    perl hello.pl
例
/Users/yuzo 7%:cd desktop
/Users/yuzo/desktop 8%:perl hello.pl
ハローワールド
/Users/yuzo/desktop 9%:

このようにハローという文字が出力されれば成功です。ここで使ったターミナルのコマンドやエディタに打ち込んだ命令などを書籍で調べて見て下さい。インターネット上でも沢山の資料があります。

ぜひこの機会にPerl使いになって下さい。


関連リンク先






Counter: 8970, today: 1, yesterday: 2

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-10 (水) 12:11:02 (3052d)